天草グリーンライフコミュニティ事業

グリーンライフをコンセプトとし、団塊の世代や団塊ジュニア世代、田舎暮らしを志向する都市住民と地元住民の共同作業によって、遊休農地を活用した都市と農山漁村の共生・対流のための新しい複合的コミュニティを創ろうというものです。なお、天草では、海・山・郷の恵みを受けて、自給的な暮らしを学び、実践する“田舎暮らし”で創出するコミュニティを指しています。

具体的な取り組みとしては、次の事業を行うことにしています。

「グリーンライフ・ファーム」の開設

天草地域で増加している遊休農地を天草市が借り上げ、リース方式でその遊休農地をNPO法人グリーンライフあまくさが借り受けて、共同農場「グリーンライフ・ファーム」を設置しています。グリーンライフ・ファームはNPO法人会員によるトラスト農場として運営し、農作業体験を行いながら、自給的な暮らしができる基礎を習得する予定です。また、農作業は地域住民の指導を受けながら行い、地域住民との交流も併せて行うこととしています。

「グリーンライフ・ビレッジ」の開設

天草地域でグリーンライフの実現を目指す都市住民が、天草に定住・二地域居住するための短・中・長期的に滞在できる施設(宿)を「グリーンライフ・ビレッジ」として開設します。

「グリーンライフ・ビジネス・ラボ」の開設に向けた取り組み

天草地域の環境や風土、地域資源を効果的に活かしたビジネスを、どのように創出、起業していくかについて研究を進めます。また、新しい製品・商品の研究開発や試作品の製造などを行なうための設備が整った研究開発拠点づくりに取り組みます。

「グリーンライフ・スクール」の開設

都市住民が田舎暮らしを実践するために必要なノウハウ等を習得する機会を設けます。
・「ふるさと暮らし」コース・・・・田舎で暮らすノウハウ等を学ぶことができる講座を開講します。
・「農村起業」コース・・・・農山漁村での起業を支援するための講座を開講します。
・「食と農を学ぶ」コース・・・・ “暮らしの自給”の学校として、食と農について学ぶ講座(スクール)を開講します。

現在、天草市におけるモデル地区として、下浦町金焼地区を選定し、さまざまな事業を展開しています。
まず、グリーンライフ・ファームとして、遊休農地を復元し、第1号、第2号、第3号のトラスト農場を整備しています。
天草暮らし!体験ツアーで訪れた都市住民といっしょに、菜種やジャガイモ栽培などの農作業を行っています。

このような事業を展開し、都市住民との対流を進め、また、都市住民が天草地域の方々と共生し生活を営む“田舎暮らし”を実現することによって、天草地域での定住・二地域居住を推進していきます。